スーツのボタンの留め方

スーツのジャケットのボタンは主に2つボタンと3つボタンに分かれます。

仕事などでジャケットのボタンを留める場面は往々にしてありますが、その際注意したいのは「一番下のボタンは留めない」ということです。

街中を歩いているとボタンを全部留めてしまっている人を結構見かけます。特に就活生や新入社員などスーツを着慣れていない人に多いようです。

一番下のボタンを留めない理由は諸説あるようですが、実用的な理由としては座った時に上着が窮屈になってしまうのを防ぐ効果があります。

ですので3つボタンのスーツの場合は上から1番目と2番目のボタンを、2つボタンのスーツの場合は上から1番目のボタンだけを留めます。

3つボタンのスーツの中には「段返り」になっているものがありますが、その場合は真ん中のボタンだけを留めます。

(注:段返りとは一番上のボタンの部分が反り返っているものを指します)

もし知り合いの方で一番下のボタンを留めている人がいたらそれとなく教えてあげましょう。

余談ですが、1つボタンのジャケットの場合は何も気にせずボタンを留めてください。