靴下の色

白い靴下はやめましょう。
白い靴下を履いて良いのは制服の高校生までです。

スーツもそうですが、靴下の色はパンツ(ズボンのことです)の色に合わせるのが基本です。

自分では気が付きにくいのですが、靴下というのは意外と主張してしまうものなのです。

電車の座席やレストランの椅子に座った際に足元からちらりとのぞく靴下。それが真っ白であったり白地にワンポイントが入っていてはよろしくありません。

色々揃えるのが面倒であれば黒でOKです。ユニクロや無印良品へ行けば3足1000円程度で買えるのでそれで十分です。

なお小さくても穴が開いたら新しいものと交換しましょう。靴下は消耗品です。そこはケチらずにいきましょう。

頻繁に穴が開いてしまう人は、こまめに足の爪を切るように心がけてください。

なお白のパンツ(ズボン)やハーフパンツを履くのであればアンクルソックスやフットカバーといった短いものにすると良いでしょう。

おしゃれな人の中には見せることを意識してあえて派手な靴下を履く人もいますが、それはまた別のお話し。


スポンサーリンク
adsense_big
adsense_big