ファッションと体型

洋服というのは基本的に痩せ型か標準体型の人を想定して作られています。ファッションモデルが皆スリムな体型をしているのはそのためです。


残念ながら太った人向けのおしゃれな洋服というのは作られていません。ですので太っている人はまずダイエットをする必要があります。

自分が太っているかどうかの判断についてですが、BMIという数値を参考にします。自分の身長をメートルに直して

BMI=(体重)÷(身長の2乗)

で求められます。BMIが18.5未満だと痩せ過ぎ、25以上だと肥満とされています。こちらでも判断できます。

詳しいダイエットの方法については様々な本が出ているのでそちらに譲ります。ここでは簡単な話についてしたいと思います。

一番の基本としては摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くなれば痩せます。逆であれば太ります。そのため摂取カロリーを減らすか消費カロリーを多くする方法を考えます。

摂取カロリーを減らす方法の一つは、食事の際噛む回数を増やすことです。

一口4,50回噛むようにして食事をすると、少ない量でも満足感を得られます。さらに胃腸への負担が減って食後に眠くなりにくいので一石二鳥です。

消費カロリーを増やす方法としては2つ。一つは筋トレをして基礎代謝を上げることです。

できればジムに通ってトレーナーの指示に従ってトレーニングをするのが理想的ですが、それがダメなら自宅で筋トレをしましょう。

1日50回休みながらでも構わないので腕立て伏せや腹筋、背筋をするだけでもだいぶ変わってきます。雑誌のTarzanで研究するとより効果的です。

もう一つは有酸素運動をすることです。電車で通勤通学をしているのであれば一駅遠い駅まで早足で歩くだけでも十分効果はあります。

こちらは日常的に続けるように努力しましょう。運動せざるを得ない環境を作るのがポイントです。

くれぐれも無茶なことはしないでください。リバウンドを起こしてしまっては意味がありません。大切なのは継続することです。

また、痩せ過ぎの方も安心していてはいけません。筋トレをして筋肉をつけましょう

特に胸板を厚くするとスーツもカジュアルも服が映えます。肩幅より手を広げて腕立て伏せをするだけでも胸板は変わってきます。試してみて下さい。

ダイエットを長続きさせるコツは、ただ何kg落とすか考えるよりも体重を落としてどうなりたいかリアリティをもって想像することです。

やせてあの服を着たい、海に行ってスリムになったお腹を異性に見せつけたい、そういった明確な動機を持ってダイエットに励んでみてください。