ファッションの「言葉」を覚えよう

前回ファッション誌の読み方について説明しましたが、ファッション誌を読むことによってもう一つ重要なことがあります。

それは「ファッションの用語を覚える」ということです。

ファッション誌には様々な言葉が載っています。ブランド名からアイテム名、素材の名称やディティールなどなど。数え上げれば きりがありません。

そんなたくさんある言葉ですが、私たちはそれらの言葉を身につける必要があります。

なぜ言葉を覚える必要があるのでしょうか。

かのソクラテスは「大工と話すときは、大工の言葉を使え」と説きました。

これを私たちに当てはめると、ショップの店員さんと話すときはファッションの用語を使わないとコミュニケーションがとれないのです。

スエード素材の靴が欲しいと思ってお店に行ったのに、「スエード」という言葉を知らなかったら、どうやってお目当てのものを買うことができるでしょうか。

ファッションを覚えるにあたって言葉というのは非常に大切なのです。

ファッション誌を読むときは言葉にも気をつけてみてください。言葉を覚えれば覚えるほどおしゃれになるのが簡単になっていくでしょう。

ファッション誌を読むのに今でしたらdマガジンのような雑誌読み放題サービスを使うのも良いですね。

雑誌1,2冊買うお金でファッション誌5,6冊は読めるので、タブレットを持っている人は検討することをおすすめします。