ビジネス・カジュアル別ベルトの3つのポイント

以前にパンツ(ズボンのことです)はベルトが無くても穿けるジャストサイズのものを選びましょうとお伝えしました。

洋服はサイズが命
洋服を選ぶ際に最も大切なのがサイズです。自分の身体に合った洋服を着ること、それが普通のおしゃれを目指すに当たって欠かせないポイントです。 なぜそこまで強調するのか。それは...

そうすると疑問に上がるのが「ベルト」の存在です。

ジャストサイズのパンツを穿くのであれば、ベルトは必要ないのでは?とあなたは思うかもしれません。

しかし、結論から言うとベルトは必要なアイテムです。

パンツを穿くための補助としてではなく、アクセサリー(飾り)として必要なのです。

なぜベルトが必要なのか?

パンツを穿いていてベルトをしていないと他人から見た時に気の抜けた、締まりのない印象になってしまいます。

ベルトという腰回りのポイントがないというのは、それだけで全体の印象を大きく変えてしまうのです。

そのためリラックスした感じを出したい場合に”あえて”ベルトをしないという選択肢を取ることがあります。

おしゃれ上級者の人が意図的にベルトをしないことで遊び心だったりリラックス感の演出だったりと、コーディネートのポイントを作ることもあるのです。

しかし私たちは「普通のオシャレ」をすることが目的なので、あえてベルトをしないというコーディネートをする必要はありません。

春夏の薄着になる時期はもちろんのこと、秋冬でも室内で上着を脱ぐとベルトが目につくことも多いので、値段が高い安いに関係なくスタイルに合ったベルトをするように心がけましょう。

ユニクロをはじめ洋服屋さんには大抵ベルトも置いてあるので、次回から洋服を見に行くついでに手に取ってみてください。

ベルトのを選ぶのも結構面白いですよ。

スーツのベルトの3つのポイント

スーツスタイルにおいて、ベルトは欠かせないアイテムの一つです。

必ずタックイン(シャツの裾をパンツに入れること)をするため、カジュアルスタイルに比べてベルトの存在感が高まるためです。

そんなスーツスタイルのベルトはどこに気を付ければいいのでしょうか。

靴と同じ色に合わせる

まずベルトの色は履いている革靴と同じ色のものを選びましょう。

黒の革靴には黒のベルト、茶色の革靴なら茶色のベルトを合わせます。

ここで気を付けたいのが茶色の革靴の場合。

黒は簡単ですが、茶色の場合は少し難易度が上がります。

なぜなら一言で茶色と言っても明るい茶色から暗い茶色、黄色っぽい茶色もあれば赤っぽい茶色があったりとバリエーションが様々だからです。

同じ色目のものを選ばないと違和感が出てしまうので、靴を買う時に一緒にベルトも買ってしまうのがおすすめです。

あなたが既に茶色の革靴を持っていてそれに合わせるベルトを買うのであれば、その革靴をお店に履いて行くか持って行くことをおすすめします。

色の種類は豊富なので実際に実物と見比べないと、微妙に色の異なるベルトを買ってしまった。。。となりかねません。

時々黒い靴に茶色のベルトや、茶色の靴に黒のベルトを合わせている人を見かけますが、おしゃれさんではなく単なる変な人になってしまうのでやめておきましょう。

真ん中の穴で留める

ベルトを装着する時はベルトの本体に空いている穴にバックル(ベルトの先端の金具の部分)を引っ掛けて留めますが、ここにも一つポイントがあります。

それはベルトの真ん中の穴で留めるという点。

市販の大半のものではベルトの穴は5つ空いていますが、3番目の穴でベルトを留めると全体のバランスが整ってキレイに見えるのです。

実際に鏡の前で試してみてください。

穴の真ん中で留めた時と一番端の穴で留めた時の見た目がどれだけ変わるのか。

もしベルトが長すぎて端の穴で留めないとダメだというのであれば、ベルトを短めに調整をしましょう。

最近のベルトはバックルを取り外してベルト本体を切って短くすることができるようになっています。

真ん中の穴で留められる長さにハサミでカットしてください。

ジャケパンスタイルの場合

数年前からクールビズの普及によってジャケパンスタイルが男性の間で浸透してきました。

ジャケパンというのは「ジャケットとパンツ」の略で、上下が同じ色や生地のスーツとは異なり、上下で異なる色や素材のジャケットとパンツを合わせたスタイルのことを指します。

そんな若干カジュアル寄りのジャケパンスタイルでのベルトはどんなものを選べばいいのでしょうか。

実際のところはスーツの様に厳密に考える必要はありません。

会社がどこまでラフや恰好を認めてくれるかによって、スーツに合わせる様なシンプルなベルトがいいのか、カジュアルでも使える様なデザイン性のあるベルトがいいのかが変わってくるからです。

ただ一つ言えることは変なベルトを合わせてしまうくらいなら、安全策を取ってスーツ用で靴と同じ色のベルトを合わせる方がいいですね。

カジュアルのベルトの3つのポイント

スーツスタイルと異なり、カジュアルスタイルのベルトには特に決まりはありません。

全体を見た時に上手くまとまっていればどんな色やデザインでも構わないのですが、スーツ用のベルトをそのままカジュアルで使うのはやめましょう。

あなたがよほどドレッシー(スーツスタイルの様なかしこまった感じ)な服装でない限りベルトだけ合わずに浮いてしまいますので。

ここではあなたがベルトを選ぶ際にポイントとなる3つのことについてお話します。

ベルトの太さによる印象の違いとは

カジュアル向けのベルトは実に様々なデザインがあります。

その中でもベルトの太さがコーディネートの印象に変化を与えます。

ベルトの太さは太いほど

「いかつい、無骨、男っぽい」

印象になり、

細くなると

「華奢、洗練、上品」

という印象になります。

あなたはコーディネートをどんな雰囲気にしたいのか、それに応じて使い分けていきましょう。

ベルトの色別コーディネート法

ベルトの色の選び方としては、コーディネートの邪魔をしない黒や茶色などのベーシックなものにするか、あえて目立つ色にしてコーディネートのアクセントにするという選択肢があります。

先ほどスーツスタイルでのベルトと革靴の色を合わせるというお話をしましたが、これはカジュアルでも有効な方法です。

黒い靴に黒のベルト、茶色の靴に茶色のベルトを合わせると全体を見た時にまとまりが生まれます。

カジュアルの場合白いスニーカーを履く人も多いですが、白のスニーカーに白のベルトを合わせるのも良い組み合わせです。

黄色や赤といった目立つ色のベルトはコーディネートのアクセントとして使いましょう。

アクセントにするなら注意するのは一点だけ。上下の服を白や黒や紺といった無難な色のアイテムにしておくこと。

そうするとベルトの部分だけが目立つので、全体を見た時にアクセントとなります。

また、目立つ色のベルトでも上下の服に同じ色が含まれていれば、アクセントとなりつつも全体を見た時に統一感が生まれます。

例えば黄色のベルトを付けるときに、着ているTシャツに黄色のワンポイントやプリントの柄が入っているとベルトだけ悪目立ちすることがなくなるのです。

もしあなたが目立つ色のベルトをしたいけど、浮いてしまわないか心配というのであればこの方法を試してください。

とっても便利なメッシュベルト

カジュアル用のベルト選びに困ってしまったら、メッシュベルトを検討することをおすすめします。

メッシュベルトとはその名の通りベルト本体が網目(メッシュ)状になっているものです。

網目の隙間にバックルのピンを刺してベルトを留めるので、通常のベルトと異なり穴を気にすることなく好きなところで留められるのは便利の一言に尽きます。

またその網目状の本体に存在感があるので、コーディネートのポイントとなってくれるのもうれしいところ。

カジュアル用のベルト選びで迷ったら、メッシュベルトも探してみてください。

ラグジュアリーブランドのベルトに注意

最後にラグジュアリーブランドのベルトについてお話します。

ルイヴィトンとかグッチとかエルメス等の超高級ブランド(ハイブランドとかスーパーブランドと呼ばれたりもしています)でもベルトが販売されていて、バッグや財布などに比べて価格が控えめなのでギフトとしても日々売れています。

ベルト本体にブランドのロゴが入っていたり、ベルトのバックルがブランドロゴの形になっていたりとかっこよくて存在感のあるものばかりですが、コーディネートする際は十分に気を付けましょう。

適当なコーディネートに合わせるとベルトの存在感に負けてしまい、高級ブランドにかぶれている痛い人と見られてしまうからです。

もしあなたが現在高級ブランドのベルトを持っているのであれば、ベルトの高級感に負けない真っ当なコーディネートができるようになるまで、ベルトは大切に保管しておくことをおすすめします。

全体から見たらコーディネートのほんのわずかな部分であるベルトですが、実際にはとても重要なアイテムでもあります。

変なベルトを着けることがないように、ぜひこの記事を読んで素敵なベルトを探してください。

クリックで応援お願いします。


メンズファッションランキングへ