ビジネス・カジュアル別ベルトの3つのポイント

ビジネス・カジュアル別ベルトの3つのポイント

以前にパンツ(ズボンのことです)はベルトが無くても穿けるジャストサイズのものを選びましょうとお伝えしました。 そうすると疑問に上がるのが「ベルト」の存在です。 ジャストサイズのパンツを穿くのであれば、ベルトは必要ないのでは?とあなたは思うかもしれません。 しかし、結論から言うとベルトは必要なア...

ショップ店員の接客を上手くかわすトーク3つ+α

ショップ店員の接客を上手くかわすトーク3つ+α

お店で洋服を見たり買ったりするようになると、避けて通れないのがショップ店員さんとのやり取り。 今までユニクロやしまむら等で買い物をしていた人にとって、店員さんの接客は戸惑うことも多いでしょう。 中には昔の私のように店員さんの接客がニガテ!キライ!という人もいるのではないでしょうか。。 そもそもショップ...

憶えておくべき配色の基本3パターン

憶えておくべき配色の基本3パターン

服装をコーディネートするにあたって欠かせない要素の一つが色です。 何色のTシャツを着て行こうか、何色のパンツ(ズボンのこと)を穿こうか、何色の靴にしようか等など。 ファッションに興味のない人はそんなこと考えずに適当に決めた服装しかしないのでしょうが、このサイトを読んでいるあなたなら多かれ少なかれ考えていることでしょう。 ...

「好きな服」と「似合っている服」ともう一つ

「好きな服」と「似合っている服」ともう一つ

以前ファッションについて相談を受けました。 内容としては 「自分が好きな格好をしているけれど、それが自分に似合っているかがわからない。どうやって自分に似合う服を見つければいいのか。」 といったものでした。 これはなかなか深い話です。 例えば、あなたがロックが大好きで毎日暇さえあれば...

ほとんどが大きすぎるし、太すぎる

ほとんどが大きすぎるし、太すぎる

多くのおしゃれじゃない男性、ダサい男性を見ていると共通しているのが「洋服のサイズが大きすぎる」点と、「服そのものが太すぎる」点の2つです。 特に重ね着をしたりコートなどのアウターを羽織ったりする秋冬は顕著になります。 上下ともに大きすぎる服、太すぎる服を着ているとどうなるか。 当然だらしなくて締りのない格...

クールビズはシャツが命

クールビズはシャツが命

クールビズスタイルのキモとなるのは何と言ってもシャツです。 上にジャケットを羽織っているなら多少変なシャツでも許されますが、ジャケットを脱いでシャツ一枚になるなら 「シャツの良さ=あなたの格好良さ」 となるので気は抜けません。 ではどんなシャツを着ればいいのでしょうか。 ポイントは三つあります。

クールビズ3つの注意点

クールビズ3つの注意点

最近駅や街中の会社員の方を見ているとノーネクタイの人が増えて来ました。 今月からクールビズが始まった企業も多いようですね。 私が勤めている会社も今週からクールビズが始まり、朝の支度が楽になりました。 さてそんなクールビズですが、見ていると毎年必ず残念な格好をしている人がいます。 「クールビズってネクタイをし...

スポンサーリンク
adsense_big
adsense_big