仲の良い店員さんがいるという生活

仲の良い店員さんがいるという生活

ファッションについてこれから学んでいこうとしている初心者の人にはあまり想像ができないかもしれませんが、お店で洋服を買うようになってくると 「顔なじみの店員さん」や「仲の良い店員さん」 という存在ができることがあります。 私にも一時期そういう店員さんがいました。 それは好きなブランドで...

スーツ・カジュアル別ベルトの選び方とは

スーツ・カジュアル別ベルトの選び方とは

前にベルトはあくまでもアクセサリーとして身に付けると言うお話しをしましたが、 ではどうやってベルトを選べばいいのでしょうか。 まずスーツでは 「靴と同じ色に合わせる」 というポイントを守りましょう。 黒の靴なら黒のベルト、焦げ...

あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ

あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ

以前にパンツ(ズボンのことです)はベルト無しの状態でジャストサイズのものを選びましょうとお伝えしました。 そうすると疑問に上がるのが「ベルト」の存在。 ジャストサイズのパンツを穿くのであればベルトは必要ないのでは?と思うわけです。 しかし、結論から言うとベルトは...

憶えておくべき配色の基本3パターン

憶えておくべき配色の基本3パターン

服装をコーディネートするにあたって欠かせない要素の一つが色です。 何色のTシャツを着て行こうか、何色のパンツ(ズボンのこと)を穿こうか、何色の靴にしようか等など。 ファッションに興味のない人はそんなこと考えずに適当に決めた服装しかしないのでしょうが、このサイトを読んでいるあなたなら多かれ少なかれ考えていることでしょう。 ...

「好きな服」と「似合っている服」ともう一つ

「好きな服」と「似合っている服」ともう一つ

以前ファッションについて相談を受けました。 内容としては 「自分が好きな格好をしているけれど、それが自分に似合っているかがわからない。どうやって自分に似合う服を見つければいいのか。」 といったものでした。 これはなかなか深い話です。 例えば、あなたがロックが大好きで毎日暇さえあれば...

ほとんどが大きすぎるし、太すぎる

ほとんどが大きすぎるし、太すぎる

多くのおしゃれじゃない男性、ダサい男性を見ていると共通しているのが「洋服のサイズが大きすぎる」点と、「服そのものが太すぎる」点の2つです。 特に重ね着をしたりコートなどのアウターを羽織ったりする秋冬は顕著になります。 上下ともに大きすぎる服、太すぎる服を着ているとどうなるか。 当然だらしなくて締りのない格...

クールビズはシャツが命

クールビズはシャツが命

クールビズスタイルのキモとなるのは何と言ってもシャツです。 上にジャケットを羽織っているなら多少変なシャツでも許されますが、ジャケットを脱いでシャツ一枚になるなら 「シャツの良さ=あなたの格好良さ」 となるので気は抜けません。 ではどんなシャツを着ればいいのでしょうか。 ポイントは三つあります。

スポンサーリンク
adsense_big
adsense_big